スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スパルタカス(Spartacus 米 1960)

スパルタカス 【ブルーレイ&DVDセット 2500円】 [Blu-ray]スパルタカス 【ブルーレイ&DVDセット 2500円】 [Blu-ray]
(2010/11/26)
カーク・ダグラス、ローレンス・オリヴィエ 他

商品詳細を見る

カーク・ダグラスが制作,主演した“スパルタカス”.ハリウッド史に残る一大スペクタクル映画です.この頃のハリウッド映画は結構好き.

あらすじ
奴隷として育ったスパルタカス(カーク・ダグラス)は,剣闘士を要請するバタイアタス(ピーター・ユスティノフ)に見込まれて,鍛えられる.過酷な訓練の日々の中,スパルタカスは同じく奴隷の女ヴァリニア(ジーン・シモンズ)と密かに思いを通わせる.ある日,バタイアスの元をローマの将軍クラッサス(ローレンス・オリヴィエ)が訪れ,面白半分で剣闘士同士を死ぬまで戦わせたことから事態は変わっていく.翌日,ヴァリニアが売られていくのを見たスパルタカスが暴れ始めたことを機に,奴隷たちの不満が爆発.ついにはローマ全土を巻き込んだ反乱へと拡大していく...

とにかく暗い話です.落ち込んでいるときに見ることはお薦めできませんね.ただ,血なまぐさい闘いに身を投じながらも,ひたすらに自由と平和を求めるスパルタカスの強さには感動しますね.彼の望みは自由になること,そしてただ多くのことを知りたいと.“風はどこから吹いてくるのか....”
しかし,英雄は決してスパルタカス1人ではありません.彼と共に戦った奴隷たち全てが,自分の命よりも誇りと友情を重んじます.観る楽しみを取らないために詳しくは語りませんが,仲間たちが“俺がスパルタカスだ”と立ち上がるシーンはジーンときますね.更には,スパルタカスとアントナイナスの決闘のシーンで涙,涙.

結末はハッピーエンドと言っていいのでしょう.彼が望んでいた自由をついに手に入れたのですから.

余談ですが,この映画でもピーター・ユスティノフはいい味を出しています.根は悪くないけど,少し間抜けな三枚目役を見事にこなしています.と思ったら,アカデミー賞助演男優賞を獲っているんですね.納得です.

ちょっと長いですけど,観たことのない人は1度は観てほしいですね.

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。