スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

警察署長 (Chiefs : Stuart Woods 1981 )

警察署長〈上〉 (ハヤカワ文庫NV)警察署長〈上〉 (ハヤカワ文庫NV)
(1987/03)
スチュアート ウッズ

商品詳細を見る

警察署長〈下〉 (ハヤカワ文庫NV)警察署長〈下〉 (ハヤカワ文庫NV)
(1987/03)
スチュアート ウッズ

商品詳細を見る


気づくとすぐに更新をさぼってしまう...
無理をしてもしょうがないので,思いついた時だけ更新.

今回は,スチュアート・ウッズ著の"警察署長".

内容は
アメリカ南部の架空の町デラノで起きた連続失踪事件.それを追う3代にわたる警察署長の物語

一応ミステリーですが,前半で犯人は判明します.しかも,物語の大半はこの事件に関することではなく,人種差別問題を絡め,南部の町の発展から衰退に向かう道が描かれています.
40年以上にも及ぶ物語であり,途中で出てくる人物が,"あー,あの時の子供か"などのサプライズもありです.
感じとしては,マルケスの"百年の孤独"に何となく雰囲気が似ているかも.
読後感もすっきりしており,たまにミステリーを読むにはおすすめ.

そもそも,大昔にチャールトン・ヘストンが出ていたTVドラマをNHKがやっていたのを見て非常に面白かった記憶があり読んでみてのですが,また再放送してくれないかなぁ.人種問題で無理なのでしょうか.

Evaluation
Interest: ★★★★★
Culture: ★★★☆☆
Readability: ★★★★★
Reread: ★★★☆☆

Total: ★★★★☆

にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。