スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇岩城(L'aiguille Creuse : Maurice Leblanc 1909)

奇岩城 (アルセーヌ・ルパン全集 (4))奇岩城 (アルセーヌ・ルパン全集 (4))
(1982/03)
モーリス=ルブラン

商品詳細を見る

久しぶりにルパン.今回は代表作の“奇岩城”.主役は...ルパンというよりは,彼を追い詰める高校生探偵のイジドール=ボートルレ君です.

あらすじ
ジェーブル伯爵邸に何者かが侵入.あとには,伯爵の秘書の無残な姿が残されていた.逃走する男に向かって,伯爵の姪レーモンドが発砲.見事に命中したかに思ったが,そこに男の姿はなかった.そして,強盗事件として捜査が始まるが,不思議な事に盗られたものは何一つなかったのである.この不可思議な事件の謎に,偶然居合わせた高校生ボートルレが挑む...

という感じですが,このあらすじは本当に冒頭だけです.この小さな事件にはじまり,次から次へと話が展開していきます.そして,最後には歴代フランス王家の財宝まで..とにかく展開がスピーディーで面白い.冒険あり,暗号あり,恋愛あり...
この暗号解けますか↓
暗号

高校生の探偵が事件を解決するなんて設定だけで見ると,日本のマンガにありがちな感じかもしれませんが,大人も十分に楽しめる内容.
その理由は何と言っても,ルパンのキャラクターでしょう.愛する女の為なら,全てを捨てようとする最高に粋な男です.
そして,最後のほろ苦い悲しい結末.ルパン可哀想...

もう一つの楽しみは,シャーロック・ホームズの扱いの酷さ.ルパンシリーズに出てくるホームズは,すぐにルパンに出し抜かれる3枚目な役回りに加え,本当に嫌な奴です.この作品でもとにかくひどい扱いなので,シャーロキアンは読まない方が良いかも.
もともとは,ドイルに怒られてエルロック・ショルメ(Herlock Sholmès)という名前に変えていたみたいですけど...日本では分かりづらいからホームズに戻してしまっているみたいですね.

エンターテイメントの要素満載の作品.頭を使わずに読めるので,難解な本の合間にお薦めです.
きっとルパンが好きになる.

Evaluation
Interest: ★★★★☆
Culture: ★★☆☆☆
Readability: ★★★★☆
Reread: ★★★☆☆

Total: ★★★☆☆

にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

こんばんは!

読まれたんですね!
暗号もなんだか懐かしい!

>もう一つの楽しみは,シャーロック・ホームズの扱いの酷さ.
確かに。身も蓋も無いですよね。でも何故か笑えてしまう!
TBさせていただきました☆

Re: こんばんは!

惺 さんのおかげで読み始めたルパンシリーズ.とても楽しんでいます.
難しいこと抜きで読めるので,良い息抜きになりますね.
来月くらいには813も読まなくてはと思っています.
T

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【奇岩城】 モーリス・ルブラン

ご訪問ありがとうございます☆ 奇岩城 (新潮文庫―ルパン傑作集)(1959/11)モーリス・ルブラン商品詳細を見る  ちょっとこの感動をどう表現していいのか……子供の頃に読んだはずなのにすっかり忘れていまし...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。