スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラド美術館所蔵 ゴヤ 光と影 : 国立西洋美術館

前回の“ロートレック展”で味をしめて,今回は西洋美術館にゴヤを観に行ってきました.
作戦としては,上野動物園をフル活用.午前中遊び倒すことにより,娘が疲れ果てたところで美術館に直行です.入館直後に一度起きてしまいましたが,静かに絵を見ていたあと,つまらなかったらしく再度お昼寝.お陰で人様の迷惑にならずに鑑賞できました.

今回の目玉はやはりこの“着衣のマハ”でしょう.

goya3
La Maja Vestide, 1798-1803

モデルが誰かについても,アルバ公爵夫人説など色々とあり,同じ構図の“裸のマハ”では,騒動を巻き起こしていますが,結論は出たのでしょうか...まぁ,“モナリザ”のように謎のままと言う方がミステリアスで良いのかもしれませんね.
それにしても,せっかくだから“裸のマハ”も貸してくれればいいのに...やっぱり並べて観てみたいですよね.

goya2
La Maja Desude, 1798-1800

ただ,この作品以外にも素描,版画が盛り沢山.どちらかと言えば,こちらの方が見ごたえがあって素晴らしいかも.
日曜の昼過ぎに行きましたが,開催2日目なのに,意外と空いていました.意外と狙い目かもしれないので,興味があれば是非行ってみてください.

あと,おまけに是非実物を観たいと思っているゴヤの作品を2点ほど.
goya1
El 3 de Mayo de 1808. Fusilamientos en la montaña del Príncipe Pío, 1814


goya4
Saturno devorando a su hijo, 1820-1823


全然関係ありませんが,この日は結構動物園も空いていました.パンダもそこまでの行列ではなかったのですが,娘が3秒くらい見て,興味を失っていてショックを受けました.目玉なのに...この日は蛇が見たかったらしいです......

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメント

コメント

『我が子を食らうサトゥルヌス』は、子供が見たらトラウマものでしょう。
でも今回の展示にはなくて、幸か不幸か……どちらなんでしょう?

Re: コメント

確かに...3歳児がみたらトラウマですね.
この年でも圧倒されてしまうくらいですから...

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。