スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の心臓 ( Heart of a Dog : Mikhail Bulgakov 1968 )

犬の心臓 (KAWADEルネサンス)犬の心臓 (KAWADEルネサンス)
(2012/01/24)
ミハイル・A・ブルガーコフ

商品詳細を見る


気付けば,忙しくて1年半ほどブログを放置してしまっていた...昔見てくれていた人たちも流石にもういないか..
4月からの転勤で,久しぶりにゆっくり本を読む時間ができたので,ボチボチ再開していきます.

再開第1弾は

ブルガーコフ(1891-1940)の"犬の心臓".
久しく読書ができていなかった人間のリハビリにはやっぱりブルガーコフ.ちょっとおどろおどろしい雰囲気ですが,一気に引き込まれ,1日で読み切りました.

あらすじ
街で寒さと飢えに震えていた野良犬のシャリクは,死も覚悟したある日,病院の匂いのする紳士に拾われる.暖かい家と美味しい食事にありついたシャリクであったが,彼の知らないところである実験が行われようとしていた...

って感じの話です.実際にはロシア革命後の体制を揶揄した作品のようですが,この作品に関しては,そんな小難しいことは抜きにして,純粋に幻想小説として楽しむのがよいと思われます.シャリクの変容していく様,彼の巻き起こす騒動は,恐ろしくも,少しニヤッと笑ってしまいます.
感の良い人なら予想できてしまう結末も,テンポがよく,物語の語り部を巧みに入れ替えることで飽きさせずに読ませ切ります.
あと,この物語のキーパーソンはアパートの管理委員のシヴォンデルという男.ソビエト新体制に従順な市民のこの男は,徹底的に教養のない無能な男として描かれます.これは,旧ソ連では出版できないなと納得.
それでも時代が変わり,この作品が日本で楽しめるようになったことは喜ばしいことですね.ゴルバチョフ偉い!!

普段,本を読まない人でも楽しめる作品だと思います.
注意点としては,電車の中でカバーをせずに読んでいると,知らない人からはちょっと趣味の悪い人と思われる危険があることくらいでしょうか...


Evaluation
Interest: ★★★★★
Culture: ★★★☆☆
Readability: ★★★★★
Reread: ★★★☆☆

Total: ★★★★☆

にほんブログ村 本ブログ 海外文学へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : オススメの本 - ジャンル : 本・雑誌

コメント

おひさしぶりです

こんばんは。お帰りなさいませ!
自分も細々とブログ続けています。
またどうぞよろしくお願いいたします。

Re: おひさしぶりです

惺さん

本当にお久しぶりです.無理のない範囲でボチボチ再開していきますので,またよろしくお願いします.

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。